【体験レポート】じゃがいも掘と里山ハイキング

IMG_0582

大井町の自然を堪能する里山ハイキング

里山シェアのクラブハウスをスタートし、山を登って下って約30分間の里山ハイキング。

道中、里山に咲く草花や畑の野菜でクイズをしたり
眺めの良い場所で写真を撮ったり。

子どもたちは元気一杯に、列の先頭をズンズン進んでいきます。

大人たちは、「こうでもしなきゃ歩く機会がないから!」と頑張って歩きます。

 

新鮮野菜を収穫!

やっと畑に到着!
農家さんのお話を聞き、いざ、じゃがいも掘のスタートです。

IMG_0585

今回収穫したじゃがいもは「トウヤ」。

どんなふうに調理してもおいしいトウヤ。
小ぶりなジャガイモは皮付きでまるごと素揚げ。
大きいものはじゃがバターやポテトサラダに。
スライスしてポテトチップスでもおいしいですよ◎

IMG_0582

株を引っ張って「全然じゃがいもがついていない…」と残念そうな方もいました。
が、「まわりを掘ってみて」という農家さんのアドバイスで、
まわりを一生懸命掘ると、じゃがいもがゴロゴロ出てくるではありませんか!!

IMG_0592

みなさん、大量のじゃがいもを前にして、
「重~い!」「しばらくじゃがいも生活だ!」と、素敵な笑顔を見せてくれました。

 

 

じゃがいも堀の後はタマネギ収穫と
大井町の特産である幻のフルーツ「フェイジョア」の摘花体験。

IMG_0594

 

ところで、「フェイジョア」ってご存知ですか?
果肉は白色で味と香りはパイナップルに似ている、見た目が梅のようなフルーツです。
大井町では、フェイジョアを使ったデザートが購入できますよ♪

IMG_0600

摘花は、良い果実を収穫するために花を間引くこと。
白い花びらと赤い花芯のかわいらしいお花です。

花びらは甘いので、摘花した花はジャムに加工したり
サラダに添えて食べられます。
今回は、真竹(孟宗竹よりも表面がツルツルで細めのタケノコ)と大きなしょうがのお土産付でした。

 

大井町の歴史をめぐる

野菜をたくさん収穫したら、フェイジョア農家の石井さんがガイドとなり、
大井町歴史話を聞きながら、歴史ある八幡社まで散策です。

IMG_0604

 

八幡社のシイノキの下、

「ここで競馬をしていたんだ」

「ここで舞を観ていたんだ」

と、昔の暮らしに思いを馳せ、今までとは違った目で大井町を見ることができました。

IMG_0607

ご参加いただいた方からも好評でした!

歴史好きの方、大井町好きの方、ぜひまたの機会に歴史ツアーにご参加ください。

新しい記事 :
前の記事 :